2023年、丸天産業は本社を新築します。
新築への道①から変化してきた
ここまでの軌跡をご紹介します♪


1.ありがとうの会の開催

およそ60年、
改築しながらもしっかりと建ち
丸天産業という会社の営業を支えてくれたビル。

歴史を積みかさねてきた社屋に、
「ありがとう」という感謝の気持ちを込めて、
お別れ会を開催いたしました。

イベントでは、

内装の変遷、時代の流れなど、
スライドを鑑賞したり、記念手形を壁につけたりと楽しみました!
※記念手形の写真は後ほど出てきます

1Fにディスプレイしていた会長の自転車争奪ジャンケンでは、
社員の子どもが勝利!
子どもに受け継がれていくのもまた、うれしい会となりました^^


2.移転

移転とても大変だった、移転作業。

これはもっていく?
もっていかない?

と、選別をしつつ、

これは燃えるゴミ?
燃えないゴミ?

と、選別をしつつ、

ダンボールへの箱詰め作業は延々つづき、みんな汗だくでした。

ダンボールにラベルをつけて、
開梱時にどこにいくのか、
移転先のレイアウトもしっかりと把握し分別しておくことは
とても大切です。

汗をかいたあとには、
差し入れにいただいたおいしいお茶を一気飲み!
ありがとうございました。

最後にみんなでご挨拶(上写真)。

翌週明けの開梱作業もみんなで協力しておこない、
仮事務所がととのいました。(下写真)
移転1サブスクリプション開始前(before ※1)


3.AGE phoneの導入

移転とともに、テレワークの推進・検証も進みます。
まずは、「電話」。

固定電話から、
AGE phon cloudという、携帯を使った電話に切り替わりました。
社員全員、「携帯」です!

テレワークでも「内線」で繋がるようになりました♪

使い方に慣れる必要がありましたが、
「今日はテレワークだから電話転送できない」
などの不便がなくなりました。
※固定電話がまったくなくなるわけではありません。
着信用の固定電話は最低数必要です。

まだまだ検証は続きます♪


4.サブスクリプション開始

「Fittingbox(フィッティングボックス)」という
家具のサブスクリプション&デザインサービスがあります。

提供してくれているのは、
オフィス家具の輸出入・販売や空間デザイン提案をサービスとして展開している
株式会社インターオフィスというメーカー様です。

オフィスを、ぽんっと、つくりたい。でも
おしゃれな空間がいい!
このプロジェクトだけで使う家具がほしい!
普段購入できないような家具をちょっと試しにつかってみたい!
などなど
いろんな要望を叶えてくれるサービスです。

そんないいサービスがあるなら・・・
やっぱり自分たちで体験してみる♪のが丸天産業です。

入れてみました。サブスク・・・!
(After (before ※1)と同じ場所)雰囲気がまた変わりました。
輸入家具が素敵な空気感を醸し出してくれています。

立ったままでもちょうどいい高さの机、
ちょっと高さのある椅子も、
気分が変わっていい感じになりました。

見学も受け付けております^^。


5.お祓い

とうとうこの日もやってきました。
解体工事前の「お祓い」。

お世話になった、建物に、場所に、
これまで見守ってくれた感謝と、取り壊しの報告をし、
これから行われる工事が無事に終わるよう祈願しました。
※壁に書いてあるのは、
弊社デザイナーによる「下地絵」に、
「ありがとう会でみんなでつけた記念手形」と、
メーカー様にも書いてもらった「寄せ書き」です♪

およそ60年、、ありがとうございました・・!!


6.もうすぐ73期!

着々とと新築への道をすすむ弊社ですが、
8月からは73期という、
また新たな期を迎えます。

73期中には新社屋が建っている・・・!
と思うと
なんだか信じられないような気分にもなりますが現実でございます。

しっかり地に足つけつつ、
新しい試みを検証しながら
よい飛躍にて新社屋に着地できるように、
精進してゆく所存です。

2023年丸天産業本社新築への道はまだまだ続きます。

次報もお楽しみに^^